小林取締役が辞任

フリーエージェント宣言して巨人に移籍した 元福岡ソフトバンクホークスの杉内俊哉投手(31)と交渉していた同球団の小林至取締役編成育成部部長(43)が20日、責任をとって役職辞任したそうです。海外担当・中長期戦略担当部長に異動し、後任の編成育成部長には元同部長補佐の石渡茂氏(63)が就く人事が発表されました。

杉内は19日の退団会見で、球団幹部から「フリーエージェントしても名乗りを上げる球団はない」と言われたことを涙ながらに暴露。移籍した理由として、球団への不信感がぬぐえなかったと説明していました。球団には抗議の電話やメールが殺到。インターネットでも批判が噴出し、孫正義オーナーも自身のツイッターで「責任者への厳罰」の示唆をつぶやいていました。

あれを言ったのは小林至だったのか。王球団会長は「相談されれば止めていた。こういうこと(インターネットの中傷など)で人事が動くことは危険なこと」と述べたそうですが、それにしても何故そんなことを言ってしまったのか?。小林至は元プロ野球選手で、よくある本社から派遣された野球に全く興味も無い素人取締役とは違うはず。杉内の戦力としての重要性も、「フリーエージェントしても名乗りを上げる球団はない」と言う一言がどれ程致命的なのかも判らないはずはないと思うのだが。

杉内、巨人へ移籍

プロ野球福岡ソフトバンク・ホークスから国内フリーエージェント(FA)宣言していた杉内俊哉投手(31)の、東京読売巨人軍への移籍が19日、決まりました。この日午前、杉内投手は福岡市内の球団事務所を訪れ、残留しないことを報告。獲得に名乗りをあげていた巨人に移籍する意思を表明したものです。

杉内俊哉は2001年のドラフト会議で福岡ダイエー・ホークス(現福岡ソフトバンク・ホークス)の3位指名を受けて、三菱重工長崎から入団。ホークスの10年間で103勝55敗、最多勝1回、最優秀防御率賞1回、最多奪三振賞2回、MVP1回、沢村賞1回を獲得するなど左のエースとして活躍しました。左の先発が不足する巨人にとっては、喉から手が出るほど欲しい選手でした。
巨人は既に、今シーズン福岡で19勝を挙げたホールトンと契約しており、これで福岡から左右のエースを獲得した事になります。見事な補強と言うしかありません。数年前にヤクルトから、エースと4番を獲得したときの事を思い出していまいます。

逆に福岡はメジャー移籍が決まった和田と併せて、ローテーションの柱であった3投手を一気に失い、更に野手の主力からも川崎がメジャー行きが決定的。これをどう穴埋めするのか見物です。

ゾマホンさん、駐日ベナン大使に

西アフリカ・ベナン出身のタレント、ゾマホン・ルフィンさん(47)が駐日大使に就任することになったと、読売新聞が伝えています。

ベナンは、西アフリカに位置し、日本の3分の1の国土に人口約890万人、主な産業は農業。中でも綿花はGDPの40%、公式輸出収入の80%を占めています。1960年のフランスからの独立当初はダホメー共和国でした。しかし、ダホメーは国土南部の限られた地域を指す名称であり、北西部のアタコラ県や、北東部のボルグを含めるには不適切だったので、ダホメーが面していたベニン湾に因み国名を決め、1975年にベナン人民共和国が成立。その後、1990年に社会主義政策の放棄と共に現在の国名となっています。

ゾマホンさんはそのベナンから、日本留学中に出演したテレビのバラエティー番組で人気を集め、タレント活動を始めていました。
バラエティに出てる所しか知らず、後になって大統領顧問だと聞いて驚いた記憶があります。ビートたけしの援助で、ベナンに学校作ったりしてましたね、そう言えば。