Browse Tag: 連結最終損益

東電、最終赤字1200億円に下方修正

東京電力の4日発表によると、2013年3月期の連結最終損益が1200億円の赤字(前期は7816億円の赤字)になる見込みだそうです。従来予想では450億円の赤字としていましたが、為替が円安になっていることを背景に、火力発電所向けの燃料費が増加していることなどが響きました。

併せて発表した2012年4~12月期の連結決算は最終損益が22億円の赤字(前年同期は6230億円の赤字)。売上高は14%増の4兆3342億円、営業損益は1144億円の赤字(前年同期は1443億円の赤字)でした。

民主党政権時代、歴史的な超円高相場が続いていましたが、当時の野田総理が週銀の解散を宣言してからと言うもの円相場は下がり続けています。輸出産業には追い風ですが、当然輸入品の値段は上がるわけで、その代表が食料と燃料。特に燃料の方は、ほぼ100%を輸入に頼っており、それを何とかしたいがための原子力発電でしたが結果は周知の通り。この分では電気代はまだまだ上がりそうです。