Browse Tag: 福岡ソフトバンクホークス

小林取締役が辞任

フリーエージェント宣言して巨人に移籍した 元福岡ソフトバンクホークスの杉内俊哉投手(31)と交渉していた同球団の小林至取締役編成育成部部長(43)が20日、責任をとって役職辞任したそうです。海外担当・中長期戦略担当部長に異動し、後任の編成育成部長には元同部長補佐の石渡茂氏(63)が就く人事が発表されました。

杉内は19日の退団会見で、球団幹部から「フリーエージェントしても名乗りを上げる球団はない」と言われたことを涙ながらに暴露。移籍した理由として、球団への不信感がぬぐえなかったと説明していました。球団には抗議の電話やメールが殺到。インターネットでも批判が噴出し、孫正義オーナーも自身のツイッターで「責任者への厳罰」の示唆をつぶやいていました。

あれを言ったのは小林至だったのか。王球団会長は「相談されれば止めていた。こういうこと(インターネットの中傷など)で人事が動くことは危険なこと」と述べたそうですが、それにしても何故そんなことを言ってしまったのか?。小林至は元プロ野球選手で、よくある本社から派遣された野球に全く興味も無い素人取締役とは違うはず。杉内の戦力としての重要性も、「フリーエージェントしても名乗りを上げる球団はない」と言う一言がどれ程致命的なのかも判らないはずはないと思うのだが。