Browse Tag: 毎月勤労統計調査

平均月給、90年以降でワースト2

厚生労働省が1日発表した毎月勤労統計調査(速報)によると、2011年に支払われたボーナスや残業代を含む現金給与総額の月平均は、前年比0.2%減の31万6642円だったそうです。

2年ぶりに前年を下回り、現在の調査形式になった1990年以降、リーマン・ショックの影響を受けた2009年に次いで、過去2番目の低さ、だそうです。東日本大震災で巨大なダメージを受け、福島第一原子力発電所の事故で日本中の原子力発電賞が次々停止。これまで安定優良企業だった電力各社が軒並み赤字となり、それどことか原発停止に伴う火力発電の需要増で燃料の輸入が急増、日本自体が貿易赤字に陥るような状態。しかも歴史的な超円高で輸出産業も大ダメージで、国内から生産拠点が海外へ流出しています。

国土が狭く資源もない日本は貿易(輸出)で生きていくしかない、と散々聞かされた覚えがあり、それは多くの日本人にとって共通認識でしょう。実際日本は貿易黒字を続けて生きたのですが、それが今、輸入増と輸出減のダブルパンチで崩れようとしています。

しかし、気がつけば何時の間にか日本よりEUの方が深刻な状態だったり、アメリカで格差解消のデモが起きたり。なんだかんだ言って日本は成長はしてないけど、踏みとどまっているのかもしれません。