Browse Tag: 平田信

長官銃撃時効になり出頭

1日未明、目黒公証人役場事務長拉致事件に関わったとして逮捕監禁致死容疑で逮捕されたオウム真理教元幹部の平田信(まこと)容疑者(46)が2日、弁護士を通じて声明を出しました。

それによると、1995年3月に発生した国松孝次・警察庁長官(当時)銃撃事件が2010年3月に時効が成立した事を上げ、「時効になり間違った逮捕はあり得なくなったので、早く出頭したかった」としています。また教祖の松本智津夫死刑囚(56)について「教祖の死刑執行は当然と考えている。自分は松本死刑囚もオウム真理教も信仰していない」と明かしました。

警察庁長官狙撃事件は、1995年(平成7年)3月30日に日本の警察庁長官國松孝次が何者かに狙撃された事件です。國松孝次庁長官が出勤のため東京都荒川区南千住の自宅マンションを出たところ、付近で待ち伏せていた男が拳銃を4回発砲。國松はそのうち3発を腹部などに受け、全治1年6ヵ月の瀕死の重傷を負った。男は自転車で逃走し、現場からは、朝鮮人民軍のバッジや大韓民国の10ウォン硬貨が見つかっていました。
この事件は2010年(平成22年)3月に殺人未遂罪の公訴時効(15年)を迎えています。