Browse Tag: 国際グルメ博

マドリードでマグロ解体ショー

東日本大震災に見舞われた東北地方の調理師らが6日、スペインのマドリードで開催中の国際グルメ博に参加、140キロの大型マグロの解体の技を披露して東北の食材の安全性などをアピールしました。
解体後、山形県鶴岡市のレストランのシェフ奥田政行さん(42)が「スペインに着く食材は大丈夫。支援をお願いしたい」とあいさつ、拍手を受けたそうです。

マドリードでマグロ解体ショー、結構受けたみたいです。ついでに、兜焼きとかやったら受けたかもしれません。中国などでもそうですが、海外ではマグロと言うと冷凍された切り身やブロックの状態で取引されることが多くて、解体される前のマグロの姿を見たことがない人が多いそうです。ましてや、そのマグロを解体する所を見たことがある人は更に少なくなるでしょう。
最近特に欧米諸国で日本への関心が高まっていますし、注目は集めたかも知れませんが、安全性のアピールになったかどうか。こういう所は非常に神経質ですから、欧米は。