Browse Tag: ロドリゴ・ドゥテルテ

ドゥテルテ大統領、超法規的殺人を正当化

 フィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ大統領が、麻薬犯罪者を大量に殺害して国連から超法規的殺人と批判されている件で、「麻薬常習者は人間ではない」として、正当化しています。

 ドゥテルテ大統領は就任以来、強権的な犯罪撲滅作戦を行い、捜査や犯人逮捕の過程で2000人以上が殺害されています。特に麻薬撲滅には力を入れており、就任直後には警察に麻薬密売人の射殺を命じ、一般市民にも麻薬中毒者の殺害を奨励したほど。

 しかも、殺害された麻薬関係者の多くは未確認の襲撃者に殺害されており、殺害された人たちの遺体には、しばしば「麻薬商人」「麻薬常習者」などと書かれたボール紙が置かれてます。

 そのため、国連事務総長や複数の国連関係者は、ドゥテルテ大統領が超法規的処刑を支持しているとして非難していました。

 ドゥテルテ大統領は軍の駐屯地を視察した際、兵士らに向かって「そもそも、やつらは人間なんだろうか? 、人間の定義とは何だ?」と語ったと言う事です。