Browse Tag: ロシア

ロシア探査機、チリ沖の太平洋上へ落下

イタル・タス通信などの報道によると、打ち上げに失敗して地球を周回するロシアの火星探査機「フォボス・グルント」の破片が、モスクワ時間の15日午後9時45分(日本時間16日午前2時45分)ごろ、チリ沖の太平洋上に落下したそうです。
落下地点は、南アメリカ大陸の南端部に近いチリ・ウェリントン島の西約1250キロの地点で、特に被害は報告されていないとのことです。

フォボス・グルントは、ロシアが計画した火星とその衛星フォボスの探査計画です。フォボスの土壌試料を採取して地球へ回収すること (サンプルリターン) を主な目的とし、2011年11月9日にバイコヌール宇宙基地より打ち上げられたが、地球周回軌道からの離脱に失敗しました。
フォボス・フルントは当初2009年にソユーズロケットとフレガート上部ステージを組み合わせた打ち上げ機で火星に送り込む予定でしたが、2006年秋から2007年3月にかけて中露政府間で協議が行われた結果、中国の火星周回探査機・蛍火1号の相乗りが決定し、打上げ重量が超過することになったため、打ち上げロケットがゼニットに変更されていました。しかも、衛星上部に単純に蛍火1号を載せる予定が、その場合は衛星の構造を大幅に設計変更しなければならなくなることから様々な改良・変更が行われ、そのため打ち上げは2009年10月から2011年11月に延期されていました。

話を聞く限りでは、酷いやっつけ仕事のように見えます。途中から中国の衛生を相乗りさせることになったのが致命的でした。おそらくロシアと中国、両政府間で政治的な何かがあったのでしょうが。