Browse Month: 7月 2018

フランス、20年ぶり2度目の優勝

 サッカーのワールドカップ・ロシア大会は15日、決勝戦でフランスがクロアチアを4-2で下し、20年ぶり2度目の優勝を飾りました。

 ワールドカップで複数回優勝した国は、5回優勝のブラジル、4回優勝のドイツとイタリア、そして2回優勝のウルグアイとアルゼンチン、今回優勝で2回目となったフランスの6カ国のみです。

 また、フランスの優勝により、ワールカップ優勝国は4大会連続でヨーロッパ勢となり、ヨーロッパ・サッカーが存在感を増しています。

 敗れたクロアチアも、準優勝は過去最高の成績。ゴールデンボール(大会最優秀選手賞)には、クロアチアのMFモドリッチが選ばれています。

 この試合、先制点はクロアチアのオウンゴールでした。ワールドカップの決勝戦でオウンゴールは史上初、しかも両チームがシュートを打つ前であり、これもワールドカップ史上初だそうです。

 また、オウンゴール自体も今大会12点を記録して過去最多を更新しています。これまでの最高が1998年に開催されたフランス大会の6点だったので、一気に2倍になったことになります。