Browse Category: 健康や美容

どうしたらよいの、乾燥と抜け毛

 現在31歳で主婦をしています。20歳の頃から手作り化粧品を使用したり、自然の物を使ってボディケアヘアケアをしています。

 海外からハーブを取り寄せて、ハーブシャンプーをしていたこともありました。余計な成分が入っていないので、頭皮に負担をかけることもなく、自分の体調や季節にあわせて好みの組み合わせを試せる、という点が気に入っていました。

 20代前半までは特にトラブルもなく楽しんでいましたが、後半になるにつれて乾燥が気になり始めました。ちょうど妊娠出産を経験した時期でもあり、ヘアケアにかける時間が以前より減っていたことも原因だったと思います。冬場はもちろんのこと、夏場でさえ日中は汗をかいてべたつくのに、洗髪をすると乾燥してしまい痒みも出てくることもしばしば。

 出産後から抜け毛の量が増えてきたようにも感じています。頭皮がかさつくにつれて、体がなんとかしようと頑張ってくれるのか、皮脂の量が増え毛穴が開き毛根から抜けやすくなる、という状態になっているような気がします。

 今は子育ての忙しさからケアにかける時間がとれにくいので、市販のシャンプーなどを使っています。少しでも症状が和らげればと、食べるものを気を付け、内側からなんとかしようと日々奮闘中です。

 もともと白米やお肉を食べることは少なく、野菜中心の食生活だったのですが、甘いものが大好きなのでなるべく控えるように心がけています。ネットであちこちから情報を集めてきては自分には合うかなと試しています。自分では思いつかないようなケア方法があったりして楽しいし、とても参考になりますよね。最近では運動も取り入れていく予定です。

 雪国に住んでいるので冬場はなかなか難しいのですが、雪のない時期は時間を見つけて外に出て積極的に体を動かしていこうかなと。年々体力がなくなってきていて、そのことも乾燥につながっているのかなと思うので、新陳代謝をあげて血行を良くすることで良質な脂が出てきてくれれば頭皮も守られる!と自分の中で信じています。

 また、ストレスを受けると抜け毛が多くなる、と聞いたこともあるので、なるべくストレスをため込まないように気を付けています。その時の気分で好みのハーブティーを飲んでみたり、趣味にのめりこんでみたり。

 これを摂取すれば抜け毛がなくなりますといった画期的なものがあれば楽で良い、ななんて夢のようなことを考えたりする時もありますが。我が子の髪を見ていると何の問題もなさそうでさらさらなのがうらやましいです。こんな風になりたいな。

 女性 抜け毛

近年増えている病気にストレッチを

近年日本では、自律神経失調症の症状を訴える人が年々増え続けていて、今では現代病のひとつともいわれる身近なものになってきているようです。

自律神経失調症というのは、心身のストレスや生活習慣の乱れなどが原因で、自律神経のバランスが乱れるて正常に働かなくなくなってしまった状態です。
体全体の機能を調整している自律神経が正常に働かなくなると、頭痛、肩こり、不眠症、耳鳴り、めまいと言った肉体的な症状の他に、不安感やイライラした気分などといった精神的な症状まで、数え切れないほどの不定愁訴といわれる症状が現れてきます。

そんな自律神経失調症の症状に悩んでいる人にお勧めなのがストレッチです。ストレッチは、自律神経失調症で起こる様々な症状の改善に効果があります。
また乱れた自律神経を強くしてバランスを取り戻すのに役立つといわれていますから、自律神経失調症の人にはピッタリといえるでしょう。

ストレッチは簡単なものが多いですし、1度覚えてしまえばいつでも好きな時間にできます。時間も場所もとらないので、職場でも自宅でも、ちょっとした空き時間に実行できます。
「毎日忙しくて、特別なことをする時間がとれない」と言う人でも、気軽にできますから、是非一度試して見て下さい。

食生活の乱れで

薄毛は男性の問題だと思ってはいませんか?。私は女だから薄毛の心配はない、と思っているならそれは大きな間違いです。実は現在薄毛に悩んでいる女性は600万人いると言われています。ほぼ、10人に1人の割合です。そう、薄毛はもはや男性だけの問題ではないのです。

近年増加する薄毛に悩む女性、その原因とは一体なんなのでしょうか?。

その一つが食生活。肉類や甘い物が大好きな人は気をつけないと薄毛になってしまうかもしれません。何故なら、髪の毛は毛細血管が運んでくる栄養素を吸収して伸びていくのですが、肉類や甘い物などの高カロリー・高脂肪の食事ばかりを摂っているとコレルテロールや中性脂肪が増殖して、栄養素を運ぶ毛細血管を詰まらせてしまうのです。十分な栄養素がいかなくなった髪の毛は成長することができず、どんどん少なくなっていってしまいます。好きな物を好きなだけ食べる、このような食生活は薄毛になるリスクが高いのです。

では、薄毛を予防するためには何を食べればいいのでしょうか?。それは、たんぱく質です。たんぱく質は三大栄養素の一つであり、エネルギー源となる大切なものです。髪の毛も、このたんぱく質でできているのでたんぱく質をきちんと摂れば薄毛予防をすることができます。

たんぱく質は魚介類や乳製品、卵類、肉類などに豊富に含まれています。卵類や肉類はカロリーが高く、コレステロールも多いので、食べ過ぎると血液がドロドロになり頭髪の毛細血管を詰まらせてしまいます。ですので、たんぱく質を摂るなら乳製品がお勧めです。

さらに、たんぱく質だけでなく、ビタミンAやビタミンC、ビタミンEも摂ると血液の流れが良くなり、栄養素がきちんと髪の毛に届くようになります。

「最近髪の毛が少なくなってきた・・・」そう思ったらまずは食生活を見直してみましょう。お肉を魚に変えてみたり、お菓子の量を減らしたり。それだけでも薄毛には効果があります。