Browse Category: スポーツ

日体大、駅伝監督を解任

 日本体育大学の12日発表によると、同大学陸上競技部で駅伝の監督をしている渡辺正昭氏(55)を解任を決定したそうです。

 渡辺監督は、写真週刊誌にパワハラがあったと報道され、同大学が調査を行っていました。その結果、胸ぐらを掴んだり足を蹴る等複数の暴力行為の他、暴言なども確認されました。渡辺監督も事実関係を認めましたが、パワハラとの自覚は無かったと言う事です。

 渡辺監督、実は1993年に愛知県立豊川工業高校へ赴任、監督を務めた陸上部で部員に対して日常的に暴力を振るい、12名の部員が退学や転校していたことが発覚、懲戒処分を受けています。2015年に日本体育大学の駅伝部で指導するようになり、以降同部は3年連続でシード権を獲得しています。

 つまり、前科があったんですね、この人。そんな人間を大学の陸上部へ指導者として採用するなど。まあ改心していればいいわけですが、本人は一度問題になりながら同様の行為を繰り返し、それでもパワハラの自覚がないような人間ですから、典型的な旧き悪しき体育会系指導者。暴力とパワハラが身に染みついています。

フランス、20年ぶり2度目の優勝

 サッカーのワールドカップ・ロシア大会は15日、決勝戦でフランスがクロアチアを4-2で下し、20年ぶり2度目の優勝を飾りました。

 ワールドカップで複数回優勝した国は、5回優勝のブラジル、4回優勝のドイツとイタリア、そして2回優勝のウルグアイとアルゼンチン、今回優勝で2回目となったフランスの6カ国のみです。

 また、フランスの優勝により、ワールカップ優勝国は4大会連続でヨーロッパ勢となり、ヨーロッパ・サッカーが存在感を増しています。

 敗れたクロアチアも、準優勝は過去最高の成績。ゴールデンボール(大会最優秀選手賞)には、クロアチアのMFモドリッチが選ばれています。

 この試合、先制点はクロアチアのオウンゴールでした。ワールドカップの決勝戦でオウンゴールは史上初、しかも両チームがシュートを打つ前であり、これもワールドカップ史上初だそうです。

 また、オウンゴール自体も今大会12点を記録して過去最多を更新しています。これまでの最高が1998年に開催されたフランス大会の6点だったので、一気に2倍になったことになります。

競泳男子の日本代表選手、後輩に暴行

 ミキハウスに所属する競泳の小関也朱篤選手(25)が、昨年12月に日本代表がスペインで合宿していた最中、同じくミキハウスに所属する後輩選手へ暴力を振るっていた事が明らかになりました。

 小関選手は、昨年行われた世界選手権の男子200メートル平泳ぎで銀メダルを獲得し、東京オリンピックでもメダルが期待される選手です。しかし、代表合宿中、練習後の炊事当番に遅れてきた後輩選手に腹を立て、暴行を加えたと言うものです。

 暴行された選手の証言によると、小関選手は平謝りする後輩選手の頭を掴んだ上拳で腹部を殴り、更に裏拳で顎を殴ったそうです。殴られた選手は別の先輩選手に相談したところ、再度謝罪するように言われましたが納得できず、コーチに相談して事件が発覚。

 2人は既に和解していると言う事ですが、ミキハウスは小関選手に対して3月末まで日本代表としての活動を辞退する事と、対外試合の出場を自粛する処分を下しました。また、日本水泳連盟は代表合宿中に暴力沙汰が起きたことを重く見て、2月に予定されていたグアムでの代表合宿を中止しました。

 昨年末に横綱が暴行事件を起こして引退して、競技は違えどまたスポーツの世界で暴力沙汰。残念なことです。