予防する食事

動脈硬化と言うのは、心臓病や脳卒中に繋がる恐ろしい病気です。この動脈硬化を防ぐのに、とても重要になるのが、毎日の食事内容です。

まず、食事で、濃い味がすきだという人は多いでしょう。ですが、濃い味つけ、特に塩分のとりすぎは、動脈硬化の原因になってしまいます。ですので、塩分を取り過ぎないように、味付けを濃いものから薄いものにする必要があるでしょう。
お肉が大好きだという人もたくさんいると思います。脂身が好きという人もいるでしょうが、動物性脂肪は取りすぎてはいけないのです。動脈硬化の予防にいいといわれているのは、青魚や大豆製品です。青魚を積極的に食事にとりこみましょう。大豆製品である、納豆や豆腐も、ヘルシーですし、栄養満点です。出来るだけ、しっかりと摂取していきたいですね。

他には、アルコールが大好きという人も、休肝日を作ったり、毎日飲む量を減らしてみましょう。女性の多くは甘いものが大好きだと思います。ですが、甘いものも食べすぎには注意しないといけません。絶対に食べてはいけない、飲んではいけないというわけではありませんが、控える努力をすることは大切なのです。
食物繊維も積極的に摂取するようにしましょう。ひじきやごぼう、モロヘイヤや、納豆など、食物繊維が多い食材を使った料理を食べるようにしてください。
毎日の食事は、動脈硬化だけでなく、私たちの健康を維持するのに大きな意味を持ちます。動脈硬化だけでなく、健康のために、今一度考えてみましょう。