食生活で改善

近視はトレーニングやマッサージ、レーシック手術などで回復すると言われていますが、食べ物でも近視の改善は期待出来ます。普段の食生活で近視を改善出来るなら、コストもかからず手軽です。

では、具体的に視力回復に効く食べ物とは何でしょう?。まずは、ビタミンB群です。ビタミンB群は角膜や視神経の働きを促進させる効果があります。このビタミンB群が含まれる食品には豚肉や大豆食品、胡麻などがあります。
次に、ドコサヘキサエン酸、DHAと言った方が判りやすいでしょうか?。脳に良いと言われる成分ですが、視力回復にも高い効果があルと言われています。ドコサヘキサエン酸は魚介類に多く含まれる成分で、特に魚の目の周りに豊富に含まれていまが、目を食べるのは抵抗がある人が多いでしょう。ですので、イワシやサバ等の青魚がお勧めです。
もう一つ、体に欠かせない栄養素であるベータカロチンも視力回復効果があります。ベータカロチンをきちんと摂取すれば暗闇でも視力を維持する、つまり夜目が利く用になると言われます。
目にも体にも良いベータカロチンは、ニンジンやカボチャなどの緑黄色野菜に豊富に含まれています。野菜が苦手な人も、料理を工夫したりして、少しでもベータカロチンを摂取するようにしましょう。

最後はブルーベリーです。ブルーベリーが目に良いと言う話は有名で、サプリメントとして売られているので簡単に摂取することができます。
最近近視がひどくなっている方。眼鏡を作らなければいけなくなる前に、視力回復のために食生活を工夫してみましょう。