東芝、6年ぶりの赤字

東芝の2015年9月中間連結決算が、営業損益が900億円程度の赤字(前年同期は1378億円の黒字)に転落する見通しとなったそうです。9月中間の営業赤字は6年ぶりで、中間決算は7日土曜日の午後、東京都内の本社で発表する事になっています。

上場企業が決算発表を平日以外に行うのは極めて異例な事ですが、取締役11人のうち社外取締役が7人を占め、決算を承認する取締役会を平日に開くことができないのが理由だそうです。つまり、取締役7人が「平日は別の仕事があるので無理」と言う、運動会や学芸会を日曜日にやるのと同じ理屈ですね。

白物家電とテレビやパソコンを含む映像・情報機器などを扱うライフスタイル部門が不振で、さらにPOS(販売時点情報管理)システム事業でも損失を計上しているのが響きました。ただし、保有する昇降機メーカーや全地球測位システム受信機メーカーなどの株式を売却し、税引き前で計1700億円弱の利益を得ることで、中間の純損益は400億円程度の黒字を確保する見通しになっています。

東芝は既に画像用半導体「CMOSイメージセンサー」の大分工場(大分市)製造ラインを2015年度中にソニーに売却して撤退、約1100人の従業員を転籍させる事を決定。白色発光ダイオード(LED)事業からも2015年度中に撤退するなど、不採算部門の整理を決めています。しかし、白物家電やテレビ、パソコンは中国メーカーや韓国メーカーとの価格競争で収益回復は難しいでしょう。総合電機の看板を下ろす必要があるかも知れません。