ドゥテルテ大統領、超法規的殺人を正当化

 フィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ大統領が、麻薬犯罪者を大量に殺害して国連から超法規的殺人と批判されている件で、「麻薬常習者は人間ではない」として、正当化しています。

 ドゥテルテ大統領は就任以来、強権的な犯罪撲滅作戦を行い、捜査や犯人逮捕の過程で2000人以上が殺害されています。特に麻薬撲滅には力を入れており、就任直後には警察に麻薬密売人の射殺を命じ、一般市民にも麻薬中毒者の殺害を奨励したほど。

 しかも、殺害された麻薬関係者の多くは未確認の襲撃者に殺害されており、殺害された人たちの遺体には、しばしば「麻薬商人」「麻薬常習者」などと書かれたボール紙が置かれてます。

 そのため、国連事務総長や複数の国連関係者は、ドゥテルテ大統領が超法規的処刑を支持しているとして非難していました。

 ドゥテルテ大統領は軍の駐屯地を視察した際、兵士らに向かって「そもそも、やつらは人間なんだろうか? 、人間の定義とは何だ?」と語ったと言う事です。

高畑裕太、強姦致傷で逮捕

 俳優の高畑裕太(22)が23日、前橋市内のビジネスホテルで女性に性的暴行をしたとして、強姦致傷の疑いで群馬県警に逮捕されました。

 高畠容疑者は23日未明、宿泊していたホテルの40歳代の女性従業員を無理矢理へに連れ込み、手足を押さえ付けるなどして性的暴行をして、右手の指にけがをさせた疑いが持たれています。

 高畠容疑者は取り調べに対して「欲求を抑えきれなかった」と容疑を認めながら、「企ててはいない」と計画性については否定しているそうです。

 大騒ぎですね。オリンピックが終わったばかりだというのに、テレビはこの話題で持ちきりです。なにしろ高畠容疑者、バラエティーやCMにも多数出演する有名女優の高畑淳子を母親に持つ2世タレント。影響は母親の方にも及び、司会を務めるNHK「スタジオパークからこんにちは」の出演を辞退しています。

 「こんな事をしたらこうなる」と言う想像が働かないほど欲求が強かったのでしょうか?。まるで原始人です。

豊田泰光さん死去

 プロ野球の元西鉄ライオンズ(現・埼玉西武ライオンズ)で強打の遊撃手として活躍し、引退後は解説者としても人気だった豊田泰光さんが14日、誤嚥性肺炎のために亡くなったそうです。81歳でした。

 豊田泰光は茨城県立水戸商業高等学校の野球部で高校球界ナンバーワン遊撃手として注目され、複数の大学やプロ球団から勧誘され、当時の西鉄ライオンズ(現・埼玉西武ライオンズ)に入団すると、1年目からレギュラーとして活躍。年間45失策を記録しながら三原監督は起用し続け、打率2割8分1厘、27本塁打、25盗塁、59打点を記録。その年の新人王に輝きました。西鉄ライオンズの黄金時代を支え、17年間の現役生活で1699安打、263本塁打、888打点。首位打者を1回獲得し、ベストナインにも6回選ばれています。

 引退後は1年だけコーチを務めましたが、それ以外は野球評論家や、テレビとラジオで解説として活躍。辛口の評論が人気を集めました。2006年には殿堂入りも果たしています。